明治44年の寺山の陥没

災害年月日
1911年10月08日
市町村
香川県土庄町
災害種類
土砂災害  
概要
明治44年(1911)10月8日、小江地区の寺山付近の畑地約2haが大音響とともに崩壊し、家屋1戸が埋没、2、3戸が移転した。明治41年頃から、この辺りでは畑地に亀裂ができたり、陥没するなどの異状が生じていた。この付近は古生層の陥没地帯で第三紀層の彭軟層と古成層の風化層が厚く接合した断層間で、これに多量の浸水が作用してペントナイト状となり、地殻の陥没、崩壊となって惨状を引き起こしたと考えられる。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土庄町誌編集委員会編「土庄町誌」(土庄町誌編集委員会、1971年)、16頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
陥没 小江
NO.
香川843

よく似た災害

明治40年の台風

明治40年(1907)9月4日、九州西岸に上陸した速度の遅い台風のため、勝浦川上流を中心に多量の雨が降った。雨量は福原で1,026ミリ、小松島で405... 続きを読む

明治18年の茶園嶽崩壊

image

明治18年(1885)7月、梅雨豪雨時に茶園嶽で崩壊があり(崩壊土量50万立米)、天然ダムが形成、すぐに決壊。中央構造線系・父尾断層が走る。 続きを読む

明治15年の肥土山の地すべり

明治15年(1882)8月15日午後3時、肥土山向の上の田畑と宅地約10haが崩壊し、家屋2戸が埋没した。平見地方の人家は、後難を恐れて土井の内や松の... 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島大爆発により当地方に多量の降灰があった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島大爆発により、当地方に多量の降灰あり。(西条市自然災害年表による) 続きを読む