平成9年5月の濃霧

災害年月日
1997年05月15日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
その他(濃霧)  
概要
平成9年(1997)5月15日、四国の南海上に前線が停滞し、南から暖かい湿った空気が流れ込んだ。この影響により徳島県では海上を中心に濃霧が発生した。この濃霧のため、15日8時40分頃、鳴門海峡の孫崎の東約750mの海上で、貨物船「第八旭豊丸」と貨物船「第十六神幸丸」が衝突した。高速船及び航空便が欠航した。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、340頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
濃霧 鳴門海峡 船舶衝突
NO.
徳島8179

よく似た災害

昭和62年5月の濃霧

昭和62年(1987)5月23日午後から24日にかけて、前線の影響により濃霧が発生した。この濃霧のため、24日4時15分頃、宍喰町竹が島の南南東約2k... 続きを読む

昭和62年5月の濃霧

昭和62年(1987)5月23日午後から24日にかけて、前線の影響により濃霧が発生した。この濃霧のため、24日4時15分頃、宍喰町竹が島の南南東約2k... 続きを読む

昭和57年5月の濃霧

昭和57年(1982)5月9日~13日、沿岸及び沿岸海上で濃い霧が発生した。9日の鳴門海峡の視程は50m程度になった。鳴門海峡の飛島東方200m付近で... 続きを読む

昭和57年5月の濃霧

昭和57年(1982)5月9日~13日、沿岸及び沿岸海上で濃い霧が発生した。9日の鳴門海峡の視程は50m程度になった。鳴門海峡の飛島東方200m付近で... 続きを読む

昭和63年7月の濃霧

昭和63年(1988)7月10日~11日、濃霧が発生し、船舶の事故が相次いだ。10日6時25分頃、貨物船が大鳴門橋近くの中瀬に乗り上げて座礁した。小松... 続きを読む