平成10年6月の大雨

災害年月日
1998年06月24日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成10年(1998)6月24日~27日、梅雨前線が北上し、県南部を中心に大雨となった。24日~26日の総降水量は宍喰で416ミリ、東祖谷山村京上で353ミリを観測した。山腹崩壊、路肩決壊、土砂流出の被害が出た。道路冠水、潜水橋冠水により交通規制が行われ、JR牟岐線が運休した。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、349-350頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
梅雨前線 大雨 山腹崩壊
NO.
徳島8188

よく似た災害

平成9年9月の大雨

平成9年(1997)9月6日、東シナ海の低気圧から瀬戸内海付近にのびる前線が停滞し、南海上から暖かく湿った空気が流入したため、徳島県では局地的に強い雨... 続きを読む

平成10年5月の大雨

平成10年(1998)5月16日~17日、前線を伴った低気圧が日本海を北東進し、県南部を中心に大雨となった。16日~17日の総降水量は阿南市太竜寺山で... 続きを読む

平成27年12月の大雨

平成27年(2015)12月10日~11日、前線を伴った低気圧が発達しながら四国地方を通過したため、徳島県では局地的に猛烈な雨や落雷、暴風となり海上は... 続きを読む

平成12年11月の大雨

平成12年(2000)11月1日~2日、台風20号から変わった温帯低気圧が四国付近に停滞している前線上を北東進し、県西部を中心に大雨となった。1日~2... 続きを読む

平成16年の台風15号

image

平成16年(2004)8月17日0時頃から、台風15号により降り始めた雨は、17時~18時の1時間に土佐町イシガ谷雨量観測所で131ミリ、16時~18... 続きを読む