平成13年9月13日の大雨

災害年月日
2001年09月13日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
平成13年(2001)9月13日~15日、秋雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、徳島県では南東斜面を中心に大雨となった。13日~15日の総降水量は木頭で321ミリ、上勝町福原旭で256ミリを観測した。藍住町で床上浸水3棟、鳴門市大麻町で停電224戸、上板町で路肩崩壊1箇所、JR高徳線の運転見合わせ、徳島線の運休等の影響が出た。公共土木施設被害は7,110万円であった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、374-375頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨
NO.
徳島8208

よく似た災害

平成11年の豪雨

平成11年(1999)6月27日、豪雨により、二見で路肩崩壊。 続きを読む

昭和55年の台風13号

昭和55年(1980)9月12日、台風13号により、久万町露峰の国道33号で路肩崩壊が起こった。 続きを読む

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日、台風16号により、久万町東明神の国道33号で路肩崩壊が起こった。 続きを読む

平成25年9月の大雨

平成25年(2013)9月3日~4日、台風17号から変わった温帯低気圧が四国沖を通過した影響で、徳島県では各地で大雨となり、沿岸部を中心に強風が吹いた... 続きを読む

昭和47年6月の豪雨

昭和47年(1972)6月27日、梅雨前線による豪雨のため、松山市久谷町大久保の国道33号で路肩崩壊が起こった。 続きを読む