平成15年1月29日の大雪

災害年月日
2003年01月29日
市町村
徳島県
災害種類
雪害  
概要
平成15年(2003)1月29日~30日、徳島県では広い範囲で積雪となった。29日9時の積雪は徳島市3cm、西祖谷山村4cm、三好町3cmを観測した。雪が帰宅ラッシュと重なり、県北部で記録的な大渋滞となり、解消したのが翌日の所もあった。交通機関の運休・欠航、学校の臨時休校、スリップ事故の多発等の影響が出た。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、382-383頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
徳島8214

よく似た災害

昭和34年の強風・大雪

昭和34年(1959)1月15日~18日、強風と大雪。17日の積雪25~30cm、交通機関途絶、18日積雪35cm、交通機関途絶、19日雪解け始め、船... 続きを読む

昭和44年1月の大雪

昭和44年(1969)1月2日~3日、寒波の襲来で西部は大雪となり、西祖谷、一宇、木屋平などでは交通機関が途絶し、雪中に孤立状態となった。3日9時の積... 続きを読む

昭和44年1月の大雪

昭和44年(1969)1月2日~3日、寒波の襲来で西部は大雪となり、西祖谷、一宇、木屋平などでは交通機関が途絶し、雪中に孤立状態となった。3日9時の積... 続きを読む

昭和44年1月の大雪

昭和44年(1969)1月2日~3日、寒波の襲来で西部は大雪となり、西祖谷、一宇、木屋平などでは交通機関が途絶し、雪中に孤立状態となった。3日9時の積... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月27日の伊勢湾台風では、交通機関の損害が大きかった。 続きを読む