平成18年4月の大雨

災害年月日
2006年04月10日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
平成18年(2006)4月10日~11日、低気圧が九州北部から山陰沖へ東進し、この低気圧に伴う前線の活動が活発になり、徳島県では南部を中心に大雨となった。宍喰では4月10日~11日の総降水量が327ミリとなった。この雨により、美波町で土砂崩れが1箇所、海陽町では41世帯が床下浸水した。交通関係では、国道、県道の21箇所が冠水のため通行止めとなり、フェリー、航空機が欠航となった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、405頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨
NO.
徳島8230

よく似た災害

平成27年9月の大雨

平成27年(2015)9月24日~25日、四国南岸を東進した低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだため、徳島県では南部を中心に局地的に非常に激し... 続きを読む

平成13年10月の大雨

平成13年(2001)10月9日~10日、低気圧が四国付近を通過し、この低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、徳島県では南東斜面を中心に... 続きを読む

昭和33年10月の大雨

昭和33年(1958)10月18日、低気圧が本県を東進したため大雨となった。佐賀町では5時50分に1時間70ミリを観測した。被害は床上浸水23戸、床下... 続きを読む

平成15年5月の大雨

平成15年(2003)5月13日に東シナ海で発生した低気圧が翌14日夜遅くにかけて四国南岸を東進した。これに伴い、高知県の南東斜面を中心に激しい雨とな... 続きを読む

平成26年5月の大雨

平成26年(2014)5月20日、前線を伴った低気圧が四国付近を通過し、土佐清水市では20日午後5時50分までの3時間降水量が110.5ミリとなり、5... 続きを読む