昭和53年5月の集中豪雨

災害年月日
1978年05月00日
市町村
高知県黒潮町(大方町)
災害種類
風水害  
概要
昭和53年(1978)5月、大方町西部が集中豪雨に襲われて栃瀬川や淵の川が氾濫し、これまで誰も経験したことのない大洪水となった。被害は、家屋(全壊や半壊、床上・床下浸水など)、土木(道路、橋、がけ崩れなど)、農業(田畑や作物の埋没や流失など)、漁業(船や漁網、養殖場の流失など)、商工業(商品の浸水など)と多方面に及び、被害額は非常に多額であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
黒潮町史編さん委員会編「黒潮町史」(黒潮町、2017年)、546頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 大方町
NO.
高知5698

よく似た災害

昭和24年の集中豪雨

昭和24年(1949)7月30日午後11時から翌31日午前4時過ぎまで約5時間にわたる豪雨により、降雨量は600ミリ以上に及び、河川や谷々、山道などを... 続きを読む

昭和40年の集中豪雨

昭和40年(1965)9月10日、集中豪雨により、森庄川沿いの30数戸が床上・床下浸水し、田畑の冠水、2つの橋の流失などの被害が出た。 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日午前8時30分から翌9日午前8時30分まで、今治市を中心に集中豪雨があり、菊間小学校で149ミリを記録した。この集中豪雨... 続きを読む

昭和36年の集中豪雨

image

昭和36年(1961)10月26日~27日、低気圧が発達しながら四国東部を通り北東に進んだため、引田町は雨量331ミリの集中豪雨に見舞われた。第二室戸... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日、集中豪雨のため、今治で蒼社川、浅川、龍登川などが氾濫し、重軽傷者8人、家屋の全半壊14戸、床上浸水972戸、床下浸水5... 続きを読む