大正2年の干ばつ

災害年月日
1913年06月00日
市町村
香川県東かがわ市(引田町)
災害種類
渇水  
概要
大正2年(1913)6月~8月、無降水が30日以上となり、用水欠乏のため、米の収穫が不良となった。小海村の山間部では被害が甚大であった。相生村では62町6反余歩の地租が免除された。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
引田町史編さん委員会編「引田町史 自然・原始~近世・文化財」(引田町、1995年)、52頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 小海村 相生村 地租免除
NO.
香川902

よく似た災害

昭和8年の干ばつ

昭和8年(1933)7月~8月、干天、少雨のため、農作物の被害甚大。相生村の旱害甚大のため、長尾税務署が干害地踏査のため来村し、第一耕地整理区内は地租... 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、旱害が甚大で、田野村では7月10日で植え付けが済んでいない田が3町2反あった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)11月、干ばつにより仁尾町の被害が甚大であった。 続きを読む

大正7年の山火事

大正7年(1918)春、北方の苔谷山で100町歩余り焼き、被害が甚大であった。 続きを読む

昭和40年の干ばつ

昭和40年(1965)8月、70年来の記録的な干ばつのため、農作物の被害が甚大であった。 続きを読む