安政元年の地震

災害年月日
1854年00月00日
市町村
徳島県北島町
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)、地震が発生した。徳島の地震は断続的に7日間続いたと伝えられている。北島町では連日にわたる大地震に人々は家を飛び出し、籔などに避難して野宿し、飢えと渇きに苦しんだ。人命を失うことはなかったが、田畑に亀裂が入り、水路の埋没や家屋の倒壊も少なくなかったという。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北島町史続編編さん委員会編「北島町史 続編」(北島町、2018年)、362頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 北島町
NO.
徳島8272

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日午後5時頃、地震が起こったため、地面は裂け、水が噴出し、倒家も多かった。その上、津波が来るとのことで、村民は皆狼狽した。... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日午後4時過ぎ、大地震が起こり、強烈な震動は約10分間続き、その後津波が来た。津波は3回来たが、2回目が特に大きかった。目... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日に大地震があり、長尾の古老の伝承によると、ふらついて道を歩けず、たまり水、便所のため肥が踊り、人々は余震を避けて竹... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)霜月4日を始めとして、大地震が起こった。江野島の古老(当時7歳)が津波に備えて中庄の観音山に避難したことなどの体験談が記されている... 続きを読む

安政元年6月の地震・大雨

image

安政元年(1854)6月の地震により、満濃池の大樋管の側壁に亀裂が生じて水が噴出し始めた。修理できぬうちに大雨により、ついに樋底からの漏水が次第に増大... 続きを読む