大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月21日
市町村
徳島県北島町
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月21日~22日に徳島県南岸から阪神に上陸した台風により、徳島では21日昼から翌日早朝までに600ミリを超える雨量のところもあり、沿岸部では高潮の被害があった。県内の死者81人、床下・床上浸水43,067棟、板野郡では27人が亡くなった。吉野川の出水は徳島市で7.5m、板野郡では水田面上3mに達した。北島町では町を囲む2つの川の各所で堤防が決壊し、場所によっては3mを超える浸水となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北島町史続編編さん委員会編「北島町史 続編」(北島町、2018年)、363頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 旧吉野川 今切川 堤防決壊
NO.
徳島8274

よく似た災害

大正元年9月の洪水

大正元年(1912)9月23日、洪水により、板野郡誌によれば、水嵩は田の面上1丈(3m)、潮水の浸水5尺(1.5m)と言われた。特に名東・名西両郡の被... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜半前、台風が県南海岸をかすめて阪神地区に上陸した。雨量は21日に和食で357ミリ、神野305ミリ、22日に一宇で555... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日の吉野川の洪水は浸水範囲が広範囲に及んだ。水嵩は田地面の上1丈で、溺死9名、流失家屋73戸、半壊家屋83戸の被害が出た。... 続きを読む

昭和58年9月7日の雷雨

昭和58年(1983)9月7日、寒冷前線が四国地方を通過したため、太平洋高気圧からの暖湿気と前線北側の寒気がぶつかって積乱雲が発達し、雷を伴った激しい... 続きを読む

昭和58年9月7日の雷雨

昭和58年(1983)9月7日、寒冷前線が四国地方を通過したため、太平洋高気圧からの暖湿気と前線北側の寒気がぶつかって積乱雲が発達し、雷を伴った激しい... 続きを読む