昭和8年の干ばつ

災害年月日
1933年07月00日
市町村
香川県東かがわ市(引田町)
災害種類
渇水  
概要
昭和8年(1933)7月~8月、干天、少雨のため、農作物の被害甚大。相生村の旱害甚大のため、長尾税務署が干害地踏査のため来村し、第一耕地整理区内は地租免除となった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
引田町史編さん委員会編「引田町史 自然・原始~近世・文化財」(引田町、1995年)、54頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 地租免除
NO.
香川909

よく似た災害

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月~8月、無降水が30日以上となり、用水欠乏のため、米の収穫が不良となった。小海村の山間部では被害が甚大であった。相生村では62... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月4日~5日、暴風雨。大正3年(1914)法第一号による地租免除法の適用を受けるものが続出した。(多度津測候所・高松気象台・香川... 続きを読む

昭和33年の干ばつ

昭和33年(1958)5月~7月、干天、少雨のため、農作物の被害甚大。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月~9月、干天、少雨のため、農作物の被害甚大。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)8月~9月、干天、少雨のため、農作物の被害甚大。引田町の8月・9月の合計雨量は59ミリと極少雨であった。(香川県、高松気象台、引... 続きを読む