明治44年8月の暴風雨

災害年月日
1911年08月15日
市町村
愛媛県愛南町
災害種類
風水害  
概要
明治44年(1911)8月15日、暴風雨が南宇和郡全体を襲い、前年に架け替えたばかりの観栄橋が流され、作物に多大な被害をもたらした。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、352頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風雨 観栄橋
NO.
愛媛9149

よく似た災害

明治44年の台風

明治44年(1911)8月、暴風雨により僧都川が氾濫し、架け替えたばかりの観栄橋が流され、田畑の浸水、農作物の被害も甚大であった。その復旧はくわ、じょ... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月、台風17号は山本町に多くの被害をもたらした。 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)、総社川が大洪水のため、所々で土手が切れ多大の被害をもたらした。 続きを読む

昭和40年の台風23号・24号・25号

昭和40年(1965)9月9日~10日の台風23号で、高松で瞬間最大風速39.5mを記録した。引き続き、台風24号、25号のアベック台風が豪雨をもたら... 続きを読む

大正9年の豪雨

大正9年(1920)8月、豪雨による大洪水のため僧都川が氾濫し、観栄橋を含むほとんどの橋が流された。城辺でぎおん祭りの斗牛がひらかれていたが、集まって... 続きを読む