大正3年9月の暴風雨

災害年月日
1914年09月00日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
風水害  
概要
大正3年(1914)9月、暴風雨により、各地で家屋が倒壊した。中浦で1人、菊川で1人の死者が出た。柏の金峯神社で大木24株が倒れた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、353頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風雨 中浦 菊川 死者
NO.
愛媛9152

よく似た災害

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、台風により、金峯神社の大木24株倒れる。 続きを読む

大正3年1月の暴風

大正3年(1914)1月2日、暴風により、各地で海上遭難者が出た。 続きを読む

明治9年の暴風

明治9年(1876)、暴風により、家が倒れ、木が倒し、船が吹き飛ばされた。 続きを読む

昭和42年7月の台風

昭和42年(1967)7月9日、台風による集中豪雨のため、県内で9人の死者が出た。 続きを読む

元禄15年の台風

元禄15年(1702)、大風のため、松山城の瓦が落ち、松318本が倒れ、家2,600軒が倒壊し、死者が16人出た。 続きを読む