昭和19年の干ばつ

災害年月日
1944年07月00日
市町村
香川県東かがわ市(引田町)
災害種類
渇水  
概要
昭和19年(1944)7月~8月、干天、少雨のため、農作物の被害が多く出た。作付不能の田畑が多く、小海村の別惣地区の田畑は収穫皆無となった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
引田町史編さん委員会編「引田町史 自然・原始~近世・文化財」(引田町、1995年)、54頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 小海村
NO.
香川911

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)8月、大旱害により、高津、中原、川古、西村等は収穫皆無となった。 続きを読む

天保7年の洪水

天保7年(1836)夏、霖雨が長く続いた後、大出水があり、田畑は流れ、農作物は収穫皆無となった。 続きを読む

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)7月8日~8月28日、干天が続き、稲作収穫皆無の所が出た。地租の延期・年賦納となった者が多数。(香川県、高松気象台、引田町等の資料... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月~9月、135日間干天と高温の日が続いたため、用水が欠乏し、井戸水も涸れ、稲の収穫皆無の田畑が出た。100年来の大旱害であっ... 続きを読む

大正12年の集中豪雨

大正12年(1923)9月14日~15日、県東部で集中豪雨のため、相生村の稲作被害は収穫皆無196反、8割減181反、7割減278反、6割減208反、... 続きを読む