大正11年の福浦大火

災害年月日
1922年04月17日
市町村
愛媛県愛南町(西海町)
災害種類
火災  
概要
大正11年(1922)4月17日午後7時30分頃、西外海村福浦の石油倉庫から出火し、激しい西風にあおられて住宅10戸を含む23戸を全焼する大火事が発生した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、357頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 福浦 強風
NO.
愛媛9157

よく似た災害

宝暦6年の火災

宝暦6年(1756)12月11日夜五ツ時(午後8時)、法恩寺で火事があり、西風にあおられ、家30軒が焼けた。 続きを読む

昭和22年の福浦大火

昭和22年(1947)12月2日午後11時半頃、西外海村福浦の村農業会の建物から出火し、強風にあおられ、隣接の福浦郵便局に延焼した。さらに漁業用に貯蔵... 続きを読む

大正5年の大火

大正5年(1916)4月24日、槇野々の邑の中心から出火し、強風にあおられ7戸をなめ尽くす大野見史上類を見ない大火となった。氏神二宮神社も焼失し、貴重... 続きを読む

大正7年の山火事

大正7年(1918)3月中旬、「細野焼け」と言われる大きな山火事があった。阿南市細野の山から出火し、強風にあおられ火は峰から峰へ飛び、鷲敷との境貝塚の... 続きを読む

元治元年の火災

元治元年(1864)、加茂の稲持から出火し、強い西風にあおられて、貞広、金川まで延焼し、20数戸が焼失したと言われている。(伊原正市談による) 続きを読む