昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年00月00日
市町村
愛媛県愛南町(城辺町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)、西日本を襲った干ばつでは、城辺町は被害を最小限にすることができた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、362頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛9159

よく似た災害

昭和5年の干ばつ

昭和5年(1930)7月初めから8月にかけて降雨がなく、稲は枯死状態になった。大森山頂で仏式の雨乞い祈願を行うなどしたが、雨は降らなかった。このため、... 続きを読む

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月26日、台風15号が台湾東方から日本列島を縦断し北海道に抜けた。洞爺丸台風とも言われる。小松島市では勝浦川右岸の改修工事が完... 続きを読む

平成11年の台風16号

平成11年(1999)9月15日、台風16号が襲来し、問屋観測所の連続雨量は250ミリに達し、重信川流域では土石流が多発した。しかし、昭和18年災害で... 続きを読む

昭和2年の干ばつ

昭和2年(1927)6月~7月、降雨量が甚だ少なく、7月初めの連続俄雨で農作業を終えることができた状態であった。/7月24日~26日、雨乞い。(「井内... 続きを読む

昭和2年の干ばつ

昭和2年(1927)6月~7月、降雨量が甚だ少なく、7月初めの連続俄雨で農作業を終えることができた状態であった。/7月24日~26日、雨乞い。(「井内... 続きを読む