昭和7年7月の水害

災害年月日
1932年07月01日
市町村
愛媛県愛南町(城辺町)
災害種類
風水害  
概要
昭和7年(1932)7月1日に降った雨によって蓮乗寺川があふれ、城辺商店街の中へ流れ込んだ。もともと城辺商店街の中町は蓮乗寺川を付け替えして形成された街であり、土手を完全なものにする必要性に迫られていた。そこで矢の町から中町の裏、高野山の下を通って久保に至る土手の大改修を、昭和8年までかかって実施した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、362頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 蓮乗寺川
NO.
愛媛9160

よく似た災害

昭和7年の風雨

昭和7年(1932)7月1日、大豪雨のため蓮乗寺川があふれ、矢の町以西は浸水の大被害を受ける。 続きを読む

昭和28年の城辺大火

昭和28年(1953)2月16日午前2時20分頃、城辺町古町の医院から出火し、隣家へ延焼した。城辺商店街の西端に発した火災は、西風にあおられ、商店街を... 続きを読む

昭和40年の火災

昭和40年(1965)12月22日昼、銀天街の北端で大街道商店街と道路をはさんで連なるところの商店7軒が全半焼した。9月に各商店が資金を出し合って、四... 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日、大雪により、山間部では1mの積雪となった。高松では商店街のアーケードが倒れ、多くの被害を出した。 続きを読む

昭和16年の水害

昭和16年(1941)10月1日午前11時頃から暴風雨となり、風速35mを記録した。翌2日午前5時には県道上で8尺となり、軒を没する家も2、3戸あった... 続きを読む