昭和28年の城辺大火

災害年月日
1953年02月16日
市町村
愛媛県愛南町(城辺町)
災害種類
火災  
概要
昭和28年(1953)2月16日午前2時20分頃、城辺町古町の医院から出火し、隣家へ延焼した。城辺商店街の西端に発した火災は、西風にあおられ、商店街を舐め尽くす大火となった。出動した城辺・御荘・東外海3町の消防団(出動人員430人)は、やむなく破壊消防による消火を始め、午前5時頃に鎮火した。被害は家屋の全焼42戸、半焼5戸、罹災世帯52世帯、罹災者210人余、焼失家屋延床面積3,897㎡、損害見積額約1億2千万円、軽傷者10人(消防団員5人含む)であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、482-483頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 城辺 破壊消防
NO.
愛媛9168

よく似た災害

昭和9年の大火

昭和9年(1934)8月28日午後1時、町の中心商店街から出火し、真夏の渇水期で水の便も悪く、大火となった。近隣町村の消防団の応援を求め、午後10時に... 続きを読む

昭和23年の大火

昭和23年(1948)11月28日午前0時頃、池田町矢塚通から出火、西北風にあおられ、矢塚通両側12棟、総坪数345坪12世帯の家屋を全焼した。損害は... 続きを読む

昭和22年の福浦大火

昭和22年(1947)12月2日午後11時半頃、西外海村福浦の村農業会の建物から出火し、強風にあおられ、隣接の福浦郵便局に延焼した。さらに漁業用に貯蔵... 続きを読む

昭和32年の床鍋の火災

昭和32年(1957)3月14日午前11時半頃、窪川町床鍋の民家から出火し、民家を全焼するとともに、付近の山林に飛び火し、午後3時鎮火した。当日は12... 続きを読む

昭和23年の大火

昭和23年(1948)11月28日午前0時頃、矢塚通りから出火、西北風にあおられて火は燃え広がり、矢塚通り両側12棟、総坪数345坪12世帯の家屋を全... 続きを読む