昭和29年の台風15号

災害年月日
1954年09月00日
市町村
愛媛県愛南町
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)9月、台風15号(洞爺丸台風)により、南宇和郡内では一般建物や農作物などに甚大な被害を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、483頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛9173

よく似た災害

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月、台風5号により、南宇和郡内では一般建物や農作物などに甚大な被害を受けた。 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日夜半、台風19号が来襲し、畑作物や水田などに被害を受けた。特に香川県東部に集中豪雨をもたらし、新川などが決壊、東部を... 続きを読む

昭和57年の台風13号

昭和57年(1982)8月、台風13号の来襲により、窪川町では農作物などに大きな被害を受け、被害総額は28億6,000万円に及んだ。 続きを読む

昭和57年の台風13号

昭和57年(1982)8月27日、台風13号により、道路、河川などに多大な被害が出たほか、農作物も打撃を受けた。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月26日~8月31日、大干ばつで、稲作及び農作物などに甚大な被害があった。松山の降水量は37日間で16ミリであった。 続きを読む