昭和18年7月・9月の台風

災害年月日
1943年07月22日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和18年(1943)7月22日~24日、台風により、南予北部の八幡浜市などは猛烈な集中豪雨に見舞われた。戦争中のため、無計画な森林伐採や、銅山の廃棄鉱石の放置によって荒れていた山々が集中豪雨によって地すべりを起こし、河川は決壊し、田畑や家屋が流されたり冠水したりして大被害となった。この年は9月にも台風に襲われて、被害が拡大した。7月の雨は700ミリを超す豪雨となり、市内の主な河川の千丈川、五反田川、喜木川、宮内川は氾濫した。大洲・八幡浜地域の死者・行方不明者は134人となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「合併10周年記念版 八幡浜市史 第1巻 歴史編」(八幡浜市、2018年)、166-167頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 集中豪雨 地すべり 水害 死者
NO.
愛媛9178

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、集中豪雨により、肱川は洪水となった。写真1枚。 続きを読む

昭和19年の集中豪雨

昭和19年(1944)10月17日、集中豪雨に見舞われた。足摺でも17日12時から13時までの1時間に150ミリの豪雨があった。 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)8月27日、台風に伴う集中豪雨により、後川右岸堤が切れて、中村町に洪水が流れた。警察は半鐘を鳴らして緊急避難を伝えた。町民は雨の... 続きを読む

平成16年の台風23号による土砂災害

平成16年(2004)10月20日の台風23号により、三木町では累加雨量325ミリの降雨に見舞われた。公園開発工事が中断されていた白山(標高203m)... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日の台風8号による集中豪雨によって、小豆郡内海町では死者29人、重傷者18人の被害を出し、県下の被害総額は66億円余に達し... 続きを読む