大正6年の雪害

災害年月日
1917年00月00日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
雪害  
概要
大正6年(1917)、前年12月から4月まで、雪が積もっては消えを繰り返した。薪もなくなり、春桑がだめになり、日土、千丈では春蚕の掃き立てに困った。(八幡浜市誌による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「合併10周年記念版 八幡浜市史 第2巻 自然環境編 民俗・文化編 産業経済編」(八幡浜市、2018年)、28頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
雪害
NO.
愛媛9210

よく似た災害

大正6年の雪

大正6年(1917)、前年12月から4月まで、雪が積もっては消えを繰り返した。薪もなくなり、春桑がだめになり、日土、千丈では春蚕の掃き立てに困った。 続きを読む

大正6年の雪

大正6年(1917)、前年12月から4月まで、雪が積もっては消えを繰り返した。薪もなくなり、春桑がだめになり、日土、千丈では春蚕の掃き立てに困った。 続きを読む

大正4年の高潮

大正4年(1915)9月8日、台風による高潮のため、大黒町、新町、近江屋町一帯が浸水。(八幡浜市誌による) 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風。雨量150ミリ。(八幡浜市誌による) 続きを読む

明治20年の台風

明治20年(1887)、大暴風雨により、家屋、舟多く流失。(八幡浜市誌による) 続きを読む