昭和9年の大雪

災害年月日
1934年00月00日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
雪害  
概要
昭和9年(1934)、春、日土で1日に60cmの積雪があり、川の水が凍った。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「合併10周年記念版 八幡浜市史 第2巻 自然環境編 民俗・文化編 産業経済編」(八幡浜市、2018年)、28頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
愛媛9211

よく似た災害

昭和9年の豪雪

昭和9年(1934)春、日土で1日に60cmの積雪があり、川の水が凍った。 続きを読む

昭和9年の豪雪

昭和9年(1934)春、豪雪により、日土で1日60cmの積雪があり、寒さのため川の水が凍った。 続きを読む

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月9日、大雪により、山間部で47cm、平地部で27cmの積雪があり、被害があった。 続きを読む

昭和63年の大雪

昭和63年(1988)11月25日から27日にかけて、積雪が20~60cmとなり、立木に大きな被害が出た。被害額は約10億円。 続きを読む

昭和36年の大雪

昭和36年(1961)1月3日、池田で15cmの積雪があり、気温も零下4~1度(県農試池田分場調べ)で凍りついて解けず、バスもほとんど止まった。(「徳... 続きを読む