明治19年の干ばつ

災害年月日
1886年00月00日
市町村
香川県さぬき市(寒川町)
災害種類
渇水  
概要
明治19年(1886)6月18日~8月27日、干ばつにより寒川郡の被害大。(高松気象台の資料による)。8月15日には加藤の山神社で琴平神社の神火を迎えて雨乞い祈願を行った。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
寒川町史編集委員会編「寒川町史」(寒川町、1985年)、749頁及び753頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 加藤の山神社 雨乞い
NO.
香川932

よく似た災害

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)5月初めから照り出し、15日に田の植え付け5分通り終わり、あとは降雨待ちとなる。18日辰の刻から大川神社で郡の雨乞い祈願を行う。天... 続きを読む

仁和4年の干ばつ

image

仁和4年(888)夏、干ばつ。国司菅原道真が城山神社で7日7夜の断食で雨乞いの祈願をした。満願の日になって、雷鳴とともに雨が降り出し、3日3晩にわたっ... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)は例年の半分しか雨が降らず、大干ばつとなった。7月23日、香川県藤岡長敏知事は滝宮天満宮で雨乞い祈願をし、8月1日より3日間城山... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)6月30日~9月9日の72日間の雨量はわずか36.4ミリで、水稲成育に障害をきたした。7月下旬には県下各地のため池の貯水は極度に... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)、梅雨入りより干天続きで未曾有の大干ばつとなった。多度津測候所の降水量は7月28.4ミリ、8月5.3ミリ、坂出では7月15.7ミ... 続きを読む