昭和18年の台風

災害年月日
1943年07月23日
市町村
愛媛県松前町
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月23日、台風に伴う大水害は観測史上最大の被害をもたらした。台風の進行速度が極めて遅く、停滞したため、21日から24日まで4日間豪雨が続き、松山地方の年平均雨量の5か月分に相当する540ミリの雨量となった。23日朝には重信川出合観測所で水位6.20mを示し、午前9時には北伊予村(現松前町)徳丸地先の左岸堤防が決壊、続いて7箇所の堤防が決壊し、耕地の流失、埋没約1,730ha、浸水家屋約12,500戸の大被害となった。当時を知る人々の聞き取り調査結果も掲載されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛媛県教育委員会編「ふるさとのくらしと産業12 松前町」(愛媛県教育委員会、2018年)、61-75頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 重信川 堤防決壊 徳丸
NO.
愛媛9236

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日から24日まで、台風による豪雨が続き、松山地方の年平均雨量の5ヶ月に相当する540ミリの雨量となった。23日朝には重信... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日から24日まで、台風による豪雨が続き、松山地方の年平均雨量の5ヶ月に相当する540ミリの雨量となった。23日朝には重信... 続きを読む

昭和18年の台風

image

昭和18年(1943)7月21日~24日の台風により、松山では平均雨量の5ヶ月分が4日間に降った。県下の被害は、死者114人、行方不明20人、家屋全壊... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風による豪雨が続き、松山地方では年平均雨量の5か月分に相当する540ミリの雨量が降った。洪水は23日朝に松... 続きを読む

昭和29年の台風12号・13号・15号

昭和29年(1954)9月8日に台風13号、13日に台風12号、26日に台風15号が襲来した。甘崎小又新田、甘崎大新田、下地田、多々羅の各新田が決壊し... 続きを読む