正保2年の干ばつ

災害年月日
1645年00月00日
市町村
香川県東かがわ市(白鳥町)
災害種類
渇水  
概要
正保2年(1645)、大干ばつ。五穀実らず。(「香川県政史年表」、「香川用水史」、白鳥町広報・資料による)連年の干ばつ続きで、藩主松平頼重は矢延平六等に400余のため池築造を命じ、領内農地の灌漑施設の整備を図った。このため、ため池数は在来の960と合わせて1,360余となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
白鳥町史編集委員会編「白鳥町史」(白鳥町、1985年)、587頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川990

よく似た災害

正保2年の干ばつ

正保2年(1645)、春から秋まで雨が降らず。この干ばつを機に、406のため池をつくった。古来の池は966であった。(「讃岐国大日記」による) 続きを読む

正保2年の干ばつ

正保2年(1645)春から秋にかけて、大干ばつ。領内では大日照りのため406の池を構築。これまでの960を加えて1,366となった。(「香川県気象災害... 続きを読む

正保2年の干ばつ

正保2年(1645)春から秋まで、雨が降らずに未曾有の干ばつとなった。このため、高松藩主松平頼重は家臣矢延平六らに命じてため池406を築かせたが、その... 続きを読む

正保2年の干ばつ

image

正保2年(1645)、春から秋まで雨が降らず、未曾有の干ばつとなった。この干ばつを機に、藩主松平頼重は矢延平六らにため池を築かせた。矢延平六がつくった... 続きを読む

寛文2年の干ばつ

image

寛文2年(1662)、大干ばつに見舞われた。田はひび割れ、稲は枯死して収穫はゼロであった。ところが、築造から7年間の平屋池を持つ井ノ口新田は、平年作を... 続きを読む