大正7年9月の台風

災害年月日
1918年09月14日
市町村
香川県東かがわ市(大内町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正7年(1918)9月14日、暴風雨により、県下の被害は死者17人、行方不明4人、河川決壊226箇所、道路決壊112箇所、家屋の全壊13戸、半壊70戸、流失94戸、浸水1,152戸、山崩れ50箇所に及んだ。(多度津測候所・高松気象台・香川県の調査統計書、誉水村議事録等による)
Googleマップ
参考文献
誉水村誌編集委員会編「誉水村誌」(誉水村誌編集委員会、1972年)、601頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 河川決壊 山崩れ
NO.
香川1055

よく似た災害

大正7年8月の台風

大正7年(1918)8月29日~30日、暴風雨により、県下の被害は死者23人、行方不明3人、負傷者3人、全壊家屋375戸、船破壊33隻、堤防決壊116... 続きを読む

昭和10年8月の台風

昭和10年(1935)8月28日~29日、暴風雨、高潮により、県下の被害は道路の決壊・流失408箇所、河川決壊264箇所、ため池護岸決壊110箇所、土... 続きを読む

大正7年7月の台風

大正7年(1918)7月11日~12日、暴風雨により、被害大。(多度津測候所・高松気象台・香川県の調査統計書、誉水村議事録等による) 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)8月、旱害。8月17日現在の県下の旱害面積は4,748ha、収穫皆無見込みは429haに及んだ。(多度津測候所・高松気象台・香川県... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)6月17日、暴風雨により、県下の被害甚大。(多度津測候所・高松気象台・香川県の調査統計書、誉水村議事録等による) 続きを読む