昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年08月00日
市町村
香川県東かがわ市(大内町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)8月、干ばつにより、被害田20,177ha、枯死田1,081haに及んだ。知事の要請で雨雲喚起のため、善通寺11師団で200発実弾射撃実施。8月30日、県は市町村に対してかがり火を焚き、一斉に雨乞いすることを通達。(多度津測候所・高松気象台・香川県の調査統計書、誉水村議事録等による)
Googleマップ
参考文献
誉水村誌編集委員会編「誉水村誌」(誉水村誌編集委員会、1972年)、601-602頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 善通寺11師団 実弾射撃 雨乞い通達
NO.
香川1056

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から60日間降雨なく、さらに7月13日の雨以後48日間雨がなく、108日間の日照りとなった。8月29日には県知事の要請に... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から60日間降雨なく、さらに7月13日の雨以後48日間雨がなく、108日間の日照りとなった。8月29日には県知事の要請に... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、地震後、宍喰町では浜辺にかがり火を焚いて、かがり火が消えたら津波が押し寄せてくると考え、夜遠くからでも潮の異変が分かるような工夫... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、地震後、宍喰町では浜辺にかがり火を焚いて、かがり火が消えたら津波が押し寄せてくると考え、夜遠くからでも潮の異変が分かるような工夫... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつ。8月26日現在で、県下の干ばつによる被害田は20,177ha、枯死田1,081haに及び、各所で雨乞い祈願が行われた。8... 続きを読む