昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県東かがわ市(大内町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震により、屋根瓦の崩落、灯籠・墓石の倒壊、地割れなどが物凄かった。(多度津測候所・高松気象台・香川県の調査統計書、誉水村議事録等による)
Googleマップ
参考文献
誉水村誌編集委員会編「誉水村誌」(誉水村誌編集委員会、1972年)、602-603頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地割れ
NO.
香川1058

よく似た災害

昭和22年の干ばつ

昭和22年(1947)7月~8月、干害。(多度津測候所・高松気象台・香川県の調査統計書、誉水村議事録等による) 続きを読む

明治36年の干ばつ

明治36年(1903)夏、干ばつ。(多度津測候所・高松気象台・香川県の調査統計書、誉水村議事録等による) 続きを読む

明治30年の干ばつ

明治30年(1897)8月、干ばつのため、東讃がひどかった。(多度津測候所・高松気象台・香川県の調査統計書、誉水村議事録等による) 続きを読む

大正13年の豪雨

大正13年(1924)10月8日、豪雨により、大川郡がひどかった。(多度津測候所・高松気象台・香川県の調査統計書、誉水村議事録等による) 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日~18日、枕崎台風により、被害大。(多度津測候所・高松気象台・香川県の調査統計書、誉水村議事録等による) 続きを読む