昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年00月00日
市町村
香川県東かがわ市(大内町)
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)、未曾有の干ばつが来襲した。6月30日から9月9日までの72日間の降雨量は36.4ミリであったという。大内でも、降雨がないため、稲株の一株一株に土びんで灌水して懸命に稲をまもったが、半作以下の収穫に泣かされた者も多かった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大内町史編さん委員会編「大内町史 上巻」(大内町、1985年)、647-648頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 土びん水
NO.
香川1080

よく似た災害

明治27年の干ばつ・台風

明治27年(1894)4月27日から9月10日まで、135日間日照りが続き、飲み水にも困り、農家は土びんで稲株に水を注いだ。秋になっても出穂せず、収穫... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日~8月15日まで雨らしい雨はなく、干ばつの被害大であった。飲料水にも困り、農家は土瓶で稲株に水を注いだが、秋になっても... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)春より降水少なく、特に8月は所々で俄雨を見た程度で、農業用水は不足し、明治26年異常の惨況を呈した。(多度津測候所「香川県管内気... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)4月から6月にかけて降雨があったのは9日で、麦作でさえも干害を受けた。田植えはやっとしたものの差し水はなく、7月4日と8月13日... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)6月中旬~7月上旬と7月22日~8月末まで降雨なし、木地で灌漑井戸掘30箇所、8月26日に奈良原山頂で雨乞祈祷。 続きを読む