明治27年の干ばつ

災害年月日
1894年04月27日
市町村
香川県木田郡
災害種類
渇水  
概要
明治27年(1894)4月26日降雨あり、以後、6月7日に小雨があったものの、雨らしい雨は9月10日までなく、135日の干ばつとなった。池底は乾き、井掘も涸渇して、汲む水もなくなり、農家は少量の水を土瓶に入れて、稲株を潤すに至ったが、稲は出穂に至らず、枯死し、収穫皆無となったものが多かった。木田郡の多くは灌漑を池水に仰いでいるため、特に大きな被害をこうむった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
木田郡史編纂部編「木田郡史」(木田郡教育部会、1940年)、220-221頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 土びん水 収穫皆無
NO.
香川1115

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月27日から9月10日まで135日にわたり雨らしい雨がなく、村内の飲料水にも困るほどであった。稲作の灌漑ができず、農家は土瓶で... 続きを読む

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)、干天打ち続くこと数十日で、稲の収穫が皆無となった土地が多く、地租の貸与を受けて、延納や年賦納になった者が多かった。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日~8月15日まで雨らしい雨はなく、干ばつの被害大であった。飲料水にも困り、農家は土瓶で稲株に水を注いだが、秋になっても... 続きを読む

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)、干天が数十日も続き、稲の収穫が皆無となった田地も多かった。 続きを読む

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)、干天打ち続くこと数十日で、稲の収穫が皆無となった土地が多く、地租の貸与を受けて、延納や年賦納となった者が多かった。(「香川県気象... 続きを読む