明和7年の干ばつ・台風

災害年月日
1770年00月00日
市町村
香川県三木町
災害種類
風水害  渇水  
概要
明和7年(1770)、163日間雨が無く、藩は倉庫を開いて難民を救済した。また、8月20日、21日の大風・洪水では家屋の倒壊が多数であった。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」などによる)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三木町史編集委員会編「三木町史」(三木町、1988年)、245頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 台風 洪水
NO.
香川1125

よく似た災害

宝暦7年の洪水

宝暦7年(1757)、大風、洪水により、河川の堤防が決壊し、家屋の倒壊、死者が多かった。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」などによる) 続きを読む

天明元年の台風

天明元年(1781)、暴風雨、洪水。漂苗数千町歩、家屋の倒壊・流失233戸。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」などによる) 続きを読む

明和9年の風雨

明和9年(1772)8月20日、大雨で、夜になって大風が吹き荒れ、各地で家屋の破損・倒壊、人畜の死傷、樹木の倒壊などの災害が起こった。世に「明和九(め... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震により五剣山の一峰が崩れた。民家の倒壊が多く、その後もたびたび小地震が起こり、潮汐が常より数尺も高く寄せてきたた... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月26日、大暴風雨により、吉野川、祖谷川及び村内各谷川は大洪水となり、家屋の流失、倒壊が多数出た。 続きを読む