寛政11年の干ばつ

災害年月日
1799年00月00日
市町村
香川県三木町
災害種類
渇水  
概要
寛政11年(1799)、格別の干ばつで、池の水も干し上がり、天地も涸れるほどであった。白山で雨乞いが行われた。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」などによる)
Googleマップ
備考
白山で雨乞いが行われた。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三木町史編集委員会編「三木町史」(三木町、1988年)、245頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 白山 雨乞い
NO.
香川1126

よく似た災害

寛政12年の干ばつ

image

寛政12年(1800)、日照り、白山での雨乞いを藩に願った。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」などによる) 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)8月19日、阿野南組によって滝宮神社と滝宮天満宮で雨乞い念仏踊りが奉納された。この年は県下全域で雨乞いが行われ、念仏踊りが奉納され... 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、大干ばつのため、各地で雨乞いが行われた。 続きを読む

安政6年の干ばつ

image

安政6年(1859)、照り続きのため、8月16日に白峯寺で雨乞いが行われた。 続きを読む

昭和31年の干ばつ

昭和31年(1956)7月10日~8月11日の総雨量が11ミリに過ぎず、各地で雨乞いが行われた。 続きを読む