大正7年の台風

災害年月日
1918年07月12日
市町村
香川県高松市(塩江町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正7年(1918)7月12日、台風により、町内では山崩れ、橋の流失など相当の被害があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
塩江町史編集委員会編「塩江町史」(塩江町史編集委員会、1970年)、158頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
香川1141

よく似た災害

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、台風により、町内では山崩れ、橋の流失など相当の被害があった。 続きを読む

大正13年10月の台風

大正13年(1924)10月8日、台風により、香川県内では大川郡の被害が最も多く、橋の流失、堤防等の被害があった。県内の雨量は10~150ミリであった... 続きを読む

大正2年の降雹

大正2年(1913)4月、降雹により、佐川、斗賀野、尾川方面で野菜などに相当の被害があった。 続きを読む

昭和18年7月の台風

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風に伴い大雨が降り続き、河川の決壊、山崩れにより、家屋の流失・埋没、田畑の流失など大被害があった。(伊方観... 続きを読む

昭和30年の台風

昭和30年(1955)10月4日、台風により、半島部、宇和海嶼部が激浪のため相当の被害があった。 続きを読む