仁和4年の干ばつ

災害年月日
0888年00月00日
市町村
香川県高松市(香川町)
災害種類
渇水  
概要
仁和4年(888)、大いに干す。菅原道真が斎戒沐浴して雨を城山の祠に祈ったところ、雨天となって民庶蘇生したという。(「香川県史(旧)」による)
Googleマップ
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
香川町誌編集委員会編「香川町誌」(香川町、1993年)、60頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 菅原道真 雨乞い 香川県史
NO.
香川1160

よく似た災害

仁和4年の干ばつ

image

仁和4年(888)夏、干ばつ。国司菅原道真が城山神社で7日7夜の断食で雨乞いの祈願をした。満願の日になって、雷鳴とともに雨が降り出し、3日3晩にわたっ... 続きを読む

享保14年の干ばつ

image

享保14年(1729)6月6日、打ち続く日照りのため、7日夕方から雨乞いを光林寺で行うことになった。しかし、8日から雨模様となり、9日夕方小雨、10日... 続きを読む

仁和3年の干ばつ

仁和3年(887)、干ばつ。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」、「三豊郡史」、「香川県気象災害誌」、「財田村年表」、「香川県史」による) 続きを読む

嘉永5年の干ばつ

image

嘉永5年(1852)5月12日より、大干ばつとなり、御用所より朝倉村古谷の多伎(たき)神社に祈祷が仰せ付けられ祈祷したところ、大雨となったことが記録さ... 続きを読む

仁和4年の干ばつ

image

仁和4年(888)夏、讃岐で大干ばつ。菅原道真が城山で雨乞いをして大雨があった。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等に... 続きを読む