大正2年の干ばつ

災害年月日
1913年07月00日
市町村
香川県高松市(香川町)
災害種類
渇水  
概要
大正2年(1913)7月~8月、雨量少なく、高松・三豊の両平野で干害がひどかった。(「香川県気象災害誌Ⅰ・Ⅱ」、「香川県気象史料」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
香川町誌編集委員会編「香川町誌」(香川町、1993年)、65頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 香川県気象災害誌 香川県気象史料
NO.
香川1261

よく似た災害

明治31年の干ばつ

明治31年(1898)、県下の干ばつがひどかった。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む

昭和4年の干ばつ

昭和4年(1929)7月~8月、大干ばつ。西讃の干害が特にひどかった。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)7月、8月、干ばつ。高松・三豊平野が特にひどかった。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)7月~8月、近年稀な高温少雨のため、農作物に被害が大。(「香川県気象災害誌Ⅰ・Ⅱ」、「香川県気象史料」による) 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)7月、8月、雨量が少なく、高松・三豊の両平野で干害がひどかった。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む