昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県高松市(香川町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、香川県の各所でも被害が発生した。(「香川県気象災害誌Ⅰ・Ⅱ」、「香川県気象史料」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
香川町誌編集委員会編「香川町誌」(香川町、1993年)、66頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 香川県気象災害誌 香川県気象史料
NO.
香川1264

よく似た災害

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)7月~8月、近年稀な高温少雨のため、農作物に被害が大。(「香川県気象災害誌Ⅰ・Ⅱ」、「香川県気象史料」による) 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が襲来し、香川県でも倒伏家屋等があり、農作物は大打撃を受けた。(「香川県気象災害誌Ⅰ・Ⅱ」、「香川県気象史料」... 続きを読む

昭和48年の干ばつ

昭和48年(1973)7月3日以降8月13日まで雨らしい雨が降らず、農業用水はもとより上水道も涸渇し、高松砂漠と呼ばれる異常渇水のため、各所で被害が発... 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)7月~8月、雨量少なく、高松・三豊の両平野で干害がひどかった。(「香川県気象災害誌Ⅰ・Ⅱ」、「香川県気象史料」による) 続きを読む

昭和45年の長雨

昭和45年(1970)6月、陰性の梅雨で連日雨が続き、湿潤・日照不足のため、麦作に大被害があった。(「香川県気象災害誌Ⅰ・Ⅱ」、「香川県気象史料」によ... 続きを読む