昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年06月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)6月から9月まで、雨が降らず、日照りが続いて井戸水も出なくなり、飲料水にも困った。池・川の水も取り尽くし、土びんで稲に水をかけたという。
Googleマップ
参考文献
高松市立弦打小学校PTA編「弦打風土記」(高松市立弦打小学校PTA、1969年)、104頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 土びん水
NO.
香川1274

よく似た災害

大正6年~7年の干ばつ

大正6年(1917)11月、干ばつにより、物部川の水が著しく減少し、その後も翌年1月にかけて少雨が続いたため、三島村では井戸水が涸渇し、全戸が飲み水に... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)、干ばつのため、綾子踊りを行った。(「踊り歳控」による)池の水も涸れ、水田は白く乾燥したうえ大きな亀裂が生じた。葉が巻いてしまった... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)夏、30日以上も雨が降らず、日照りが続いた。夏季の雨量は3分(約9ミリ)で、飲み水にも困る状況であった。 続きを読む

寛政元年の火災

寛政元年(1789)1月10日、東浜の火事でほとんどを焼き尽くし、東西の人家わずか6軒残ったという記録がある。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月24日から8月15日までに降った雨はわずか10ミリ程度という干ばつで、農作物は大干害を受け、飲み水も不足し、吉野川から運んで... 続きを読む