文化元年の干ばつ

災害年月日
1804年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
文化元年(1804)は雨が少なく、太田村では平池から水が流れてこないので困った。6月29日夜中の12時頃に、太田村の農民は平池尻に押し寄せて、池守の制止を振り切って、揺裾にあった亀甲石を破壊して、セリ板を切り棄て、東の百相村や法然寺領の田に水が行かないようにした。この一件は、池守から組頭、庄屋、大庄屋、郡奉行に通達されて、太田村の23人が検挙された。詮議の結果、首謀者は一郡追放となった。
Googleマップ
参考文献
多肥郷土史編集委員会編「多肥郷土史」(多肥郷土史編集委員会、1981年)、493-494頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 平池 水争い
NO.
香川1278

よく似た災害

文化元年7月の台風

文化元年(1804)7月25日より風雨、26日午前6時頃から大風大雨となり、午後6時頃から8時頃まで大洪水となった。山路村の人家に水が上がり、庄屋宅に... 続きを読む

文化14年の干ばつ

文化14年(1814)、日照りが厳しかった。このため、氷上村が屋古戸関から取り入れた用水を再び吉田川に放流する落ち口に、田中村が新しく井関を築造したた... 続きを読む

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)6月26日、干ばつのため、宇和島領平地村の竹之窪井堰で、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に水論が起こった。阿蔵村は慣例にしたがい上... 続きを読む

文化元年の干ばつ

image

文化元年(1804)6月、7月、干ばつ。この年から文化6年までの干ばつにより、大窪池掛かりも干害を蒙り、池の増築の要望が高まった。その要望は水掛かりの... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)干ばつにより、高瀬川をめぐる水論が起こった。平池集落の百姓総出で高瀬川沿いに5m四方の出水を急造し、そこにしみ出る水を水車数台で... 続きを読む