平成6年の干ばつ

災害年月日
1994年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
平成6年(1994)、猛暑と渇水に見舞われた。高松気象台の観測によると、月平均気温、最高気温、最低気温はいずれも観測史上最高の値となった。雨量も平年を下回り、8月は平年の28%にすぎなかった。香川用水の水がめである早明浦ダムの貯水量は、7月19日には9.4%にまで落ち込んだ。高松市では、1日5時間だけの給水が7月15日から約1か月続き、途中15日間ほど完全給水があったものの、9月30日まで時間給水が続いた。減圧給水が完全に解除されたのは11月14日で、その間139日間に及んだ。
Googleマップ
参考画像

参考文献
川島郷土誌編集委員会編「川島郷土誌」(川島校区地域おこし事業推進委員会、1995年)、718-719頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 猛暑 早明浦ダム 時間給水
NO.
香川1315

よく似た災害

平成6年の干ばつ

image

平成6年(1994)は空梅雨で、7月15日時点で早明浦ダムの貯水率は30%を割った。高松市では15日から給水は1日4時間のみとなった。その上、15日の... 続きを読む

平成6年の干ばつ

平成6年(1994)7月2日、四国地方は平年より14日早い梅雨明けとなった。その後連日35度を超える厳しい暑さが続き、高松・多度津の日最高気温は観測史... 続きを読む

平成6年の干ばつ

平成6年(1994)6月29日~8月31日、猛暑と干ばつに見舞われた。徳島市の7月の平均気温は平年より3.2℃高く、8月の平均気温も平年より1.8℃高... 続きを読む

平成6年の干ばつ・高温

平成6年(1994)は少雨、高温が続き、県内観測史上最高の猛暑と言われた。6月7日~7月2日の梅雨期間の降水量は、市場町建設課測定記録によると730ミ... 続きを読む

昭和56年の干ばつ

昭和56年(1981)、徳島の月降水量は7月が103.5ミリで平年比53%、8月は65.0ミリで平年比25%で、7月16日から31日まで16日間、無降... 続きを読む