大正13年の干ばつ

災害年月日
1924年07月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
大正13年(1924)7月中旬から9月中旬まで50日余日照りが続き、渇水のため上水道の時間断水が行われた。香川郡役所は、稲田干ばつに対する注意事項を関係各町村に示達した。9月26日、近年稀な干害に対し、農村救済の目的で、低利資金が貸し付けられることになった。
Googleマップ
参考文献
栗林郷土誌編集委員会編「栗林郷土誌」(栗林地区地域おこし事業推進委員会、1996年)、33頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 時間断水
NO.
香川1339

よく似た災害

嘉永6年の干ばつ

嘉永6年(1853)5月~8月、近年稀な干ばつで、西讃一帯では雨乞い祈祷が続いた。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等... 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)7月中旬の梅雨明けから9月にかけて、近年稀な高温少雨の状態が続いたため、干害による農作物の被害があった。県下の被害面積は、水稲が... 続きを読む

明和3年の干ばつ

明和3年(1766)6月中旬~7月中旬、干ばつにより、損毛田4,093石、畑2,477石。 続きを読む

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)7月中旬から、干天となった。時々降雨があったので、大きな旱害にはならなかった。/8月3日~5日、雨乞い。(「井内谷村史」による) 続きを読む

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)7月中旬から、干天となった。時々降雨があったので、大きな旱害にはならなかった。/8月3日~5日、雨乞い。(「井内谷村史」による) 続きを読む