明治9年の干ばつ

災害年月日
1876年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
明治9年(1876)、干ばつにより相当の被害があった。前年に引き続き、東十川では水をめぐり紛争が生じたため、明治10年に「水利盟約書」を作成して、無水状態になっても、お互いに苦情を言わないことを盟約した。
Googleマップ
参考文献
十河歴史研究会編「十河郷土史」(十河村制百周年記念事業実行委員会、1992年)、292-293頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水利盟約書
NO.
香川1349

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)は、明治27年以来の大干ばつであった。6月12日に梅雨に入り、6月26日に四ヶ池のゆる抜きで田植えが始まったが、神内池、松尾池、... 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、干天続きで、植田地区の水田が枯死寸前の状態になったため、新改川下流の植田地区の農民は上流の須江部地区の農民に対して、コロンボ堰の... 続きを読む

寛政6年の干ばつ

image

寛政6年(1794)、大干ばつに見舞われ、芦脇井関の少し下流にある一ノ井堰掛かりの岡・由佐・横井・池内の4ヶ村は用水不足になった。その原因は、芦脇井関... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月28日~10月26日、干ばつにより、農作物の被害だけでなく、飲料水も不足する状態になった。 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月28日~10月26日、干ばつにより、農作物の被害だけでなく、飲料水も不足する状態になった。 続きを読む