明治26年の干ばつ

災害年月日
1893年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)夏は日照り続きで、38日間全然降雨がなかった。
Googleマップ
参考文献
十河歴史研究会編「十河郷土史」(十河村制百周年記念事業実行委員会、1992年)、676頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川1351

よく似た災害

大正10年の干ばつ

大正10年(1921)5月から7月までの約60日間、降雨がなく、日照り続きであった。稲の植え付けは済ませたものの、その後に雨がなかったため、あちらこち... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)夏、雨がなく日照り続きであった。三名村では甘藷、とうもろこし、きび類頭が実らず枯死した。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、植え付けは完了したが、その後の旱天続きで、出穂前の水がなく、全然実の入らない田が多かった。 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)旧5月26日に降雨があってから8月11日まで74日間雨がなかった。麻植郡山分では旱害のため、餓死にせまる惨状で、県は有志の恤救の... 続きを読む

明治25年の台風

明治25年(1892)7月22日~23日、暴風雨が襲来。日照り続きで困った後に暴風雨が来たので、農作物に被害が出た。特に稲作の被害が多かった。 続きを読む