寛延元年の干ばつ

災害年月日
1748年07月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
寛延元年(1748)6月から7月下旬まで一滴の雨も降らず、田圃は亀裂を生じ、稲は枯死した。
Googleマップ
参考文献
本田忠雄編「新 香西史」(香西町公民館、1965年)、126頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川1359

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、干ばつにより、50日間雨が降らず、村の穀倉地帯の水田は亀裂を生じ、水稲の3割が枯死した。 続きを読む

天保3年の干ばつ

天保3年(1832)、84日間一滴の雨も降らず、農作物は枯死した。 続きを読む

寛延元年の干ばつ

寛延元年(1748)6月から7月下旬に至るまで降雨なく、農作物は枯死した。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつ。冬期から降雨が少なく、植付期になっても降雨なく、各水利組合では会合を重ね、昼夜兼行で田植えの完了に努めた。7月20日頃... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月26日から6月7日まで、雨降らず。6月7日に小雨の後、9月14日まで、また降らず、大干ばつ。池底いずれも亀裂を生じ、田畑収穫... 続きを読む