大正10年の干ばつ

災害年月日
1921年05月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
大正10年(1921)5月から7月までの約60日間、降雨がなく、日照り続きであった。稲の植え付けは済ませたものの、その後に雨がなかったため、あちらこちらの山上で雨乞いが行われたという。
Googleマップ
参考文献
一宮郷土誌編集委員会編「さぬき一宮郷土誌」(一宮郷土誌編集委員会、1990年)、348頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い
NO.
香川1398

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から7月12日まで61日間日照りが続き、13日には小雨が降ったものの、その後9月1日まで雨がなかった。県内の水稲作付面積... 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、旱害に見舞われた。池水を使って稲の植え付けはしたものの、その後も雨がほとんどなく、田は干し割れた。枯死寸前の稲に、土瓶で水をか... 続きを読む

延宝6年の干ばつ

image

延宝6年(1678)夏、干ばつにより、万民は大いに苦しんだ。諸寺諸社で雨乞いが行われたものの効験がなかったが、野間の代官であった曾祖杢左衛門が斎戒沐浴... 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)5月頃まで雨降らず、5月にわずかに降雨があったものの、6月から7月にかけて再び雨がなく、大干ばつになった。 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月以来、約100日間降雨がなく、各地で雨乞いを行った。50年来の大干ばつという。 続きを読む