昭和4年の干ばつ

災害年月日
1929年07月00日
市町村
香川県西讃
災害種類
渇水  
概要
昭和4年(1929)7月~8月、干ばつ。8月14日~15日の台風によって、東部では100ミリの雨が降ったが、西部ではほとんど降らず、西讃方面の干害は著しかった。(気象庁「気象要覧」による)
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、34頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
干ばつ 気象要覧
NO.
香川1443

よく似た災害

平成17年の干ばつ

平成17年(2005)、半年間ほとんど雨が降らず、旱害となった。 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)1月~5月頃まで、ほとんど降雨なし。 続きを読む

大正2年の干害

大正2年(1913)6月21日から8月21日までの約60日間、ほとんど降雨がなかった。 続きを読む

大正7年8月8日の台風

大正7年(1918)8月8日、台風により、陸上ではほとんど被害はなかったが、海上では汽船または帆船の遭難があった。(気象庁「気象要覧」による)/県内の... 続きを読む

昭和6年1月の強風

昭和6年(1931)1月9日~10日、季節風が吹き、高松港等で帆船2隻が沈没し、溺死者1人、また西讃方面で電柱、屋根瓦に被害があった。(気象庁「気象要... 続きを読む