昭和10年9月の台風

災害年月日
1935年09月25日
市町村
香川県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和10年(1935)9月20日から台風による雨が降り始め、25日9時頃止んだが、県内の雨量は100~200ミリに達し、所々で堤防決壊、土砂崩壊、床下浸水、田畑冠水等があった。(「気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速は西11.2m/秒であった。
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、39頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 堤防決壊 土砂崩壊 気象要覧
NO.
香川1447

よく似た災害

昭和25年のヘンリー台風

昭和25年(1950)7月27日、ヘリーン台風。家屋倒壊1戸、床下浸水122戸、堤防決壊1戸、田畑冠水22.3町、道路決壊4箇所、木材流失150石。 続きを読む

昭和25年のヘリーン台風

昭和25年(1950)7月27日、ヘンリー台風により、今治で家屋の倒壊1戸、床下浸水1戸、堤防決壊1箇所、田畑冠水22.3町歩、道路決壊4箇所、木材1... 続きを読む

昭和27年の洪水

昭和27年(1952)7月10日~11日、洪水により、今治で降水量175ミリ、堤防決壊5箇所、道路11箇所、床下浸水123戸、田畑冠水440町歩。 続きを読む

昭和30年の大雨

昭和30年(1955)4月15日~16日、大雨。新田中井手川堤防決壊、橋流失1箇所、道路損壊1箇所、田畑冠水1町歩、床下浸水。 続きを読む

昭和4年10月の台風

昭和4年(1929)10月25日~26日、台風のため、香川県地方の風雨は強まり、特に東讃地方は150~300ミリの降雨があった。このため、河川は増水し... 続きを読む