昭和37年の干ばつ

災害年月日
1962年07月00日
市町村
香川県
災害種類
渇水  
概要
昭和37年(1962)7月中旬の梅雨明けから9月にかけて、近年稀な高温少雨の状態が続いたため、干害による農作物の被害があった。県下の被害面積は、水稲が山間部の天水田4,000ha中3,000ha、陸稲が全面積、野菜が全面積の55%、みかんが全面積の69%、園芸作物が全面積の92%、その他茶、桑、かき、ぶどう等で、これらの農業関係総被害額は84億円にのぼった。(高松地方気象台「異常気象速報」による)
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、74頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
干ばつ 異常気象速報
NO.
香川1490

よく似た災害

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)夏、干ばつにより、山間部の水稲は7割5分、陸稲は全面積に被害があり、野菜は全面積の55%、みかんは69%、園芸作物は92%、その... 続きを読む

昭和34年の干ばつ

昭和34年(1959)、干ばつ。6月24日現在で、甘藷種付総延べ面積は289.5haで、全面積の85%程度であった。大雨乞いを行った。(伊方町資料によ... 続きを読む

昭和40年5月の強風

昭和40年(1965)5月の強風は室戸岬測候所で風速48mに達し、園芸作物の被害が大きかった。安田町の被害額は1億3千万円といわれ、その大半が唐浜地区... 続きを読む

昭和33年の突風・降雹

昭和33年(1958)6月8日13時頃、寒冷前線通過に伴い安田町で突風と雹を交えた強雨があった。被害は家屋半壊1戸、床上浸水2戸、板塀2箇所、山崩れ2... 続きを読む

昭和4年の干ばつ

昭和4年(1929)夏の雨量極少、稲作その他畑作物の被害が著しかった。 続きを読む