昭和40年の台風24号

災害年月日
1965年09月13日
市町村
香川県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和40年(1965)9月13日~17日、台風24号が前線を刺激したため、連日強い雨が降り、四国地方は記録的な大雨となった。香川県地方では13日~17日に350~600ミリの雨量となった。県下の被害は死者3人、負傷者7人、家屋の全壊11戸、半壊19戸、床上浸水131戸、床下浸水7,861戸、一部破損19戸、非住家被害41戸、田の流失・埋没3ha、冠水1,354ha、畑の流失・埋没1ha、冠水46ha、道路損壊86箇所、橋流失8箇所、堤防決壊32箇所、山・崖崩れ287箇所、鉄軌道1箇所に及んだ。(「異常気象速報」による)
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、81-82頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 大雨 死者 堤防決壊 山崩れ
NO.
香川1498

よく似た災害

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月8日20時10分頃、台風18号と前線により、風雨が強かった。総雨量は徳島266.5ミリ、剣山231.5ミリ、穴吹185.5ミ... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月8日20時10分頃、台風18号と前線により、風雨が強かった。総雨量は徳島266.5ミリ、剣山231.5ミリ、穴吹185.5ミ... 続きを読む

昭和35年7月の大雨

昭和35年(1960)7月7日~8日の大雨により、西讃地方の雨量は200ミリ前後、東讃の雨量は100ミリ前後となり、西讃で被害が多かった。県下の被害は... 続きを読む

昭和37年6月~7月の大雨

昭和37年(1962)6月~7月の梅雨は梅雨期間の長い陰性であった。6月8日~9日、13日~14日、20日~21日、24日~25日、7月1日~5日は各... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日~23日、台風6号により県下に大きな被害が発生したが、特に木屋平村、一宇村では山・崖崩れにより多くの犠牲者でが出た。総... 続きを読む