正保2年の干ばつ

災害年月日
1645年00月00日
市町村
香川県丸亀市(飯山町)
災害種類
渇水  
概要
正保2年(1645)、干ばつのため、領主松平頼重は新しく池を造るように命じた。矢延平六は正保年間に三谷池と楠見池を合わせて一つにし、中堤を除きその土で周囲の堤防を高くして現在のような楠見池にした。
Googleマップ
参考画像
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、708頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 楠見池 松平頼重 矢延平六
NO.
香川1534

よく似た災害

正保2年の干ばつ

image

正保2年(1645)、春から秋まで雨が降らず、未曾有の干ばつとなった。この干ばつを機に、藩主松平頼重は矢延平六らにため池を築かせた。矢延平六がつくった... 続きを読む

正保2年の干ばつ

正保2年(1645)春から秋まで、雨が降らずに未曾有の干ばつとなった。このため、高松藩主松平頼重は家臣矢延平六らに命じてため池406を築かせたが、その... 続きを読む

正保3年の干ばつ

正保3年(1645)春から秋にかけて大干。藩民難儀につき、また新池406箇所を築き、在来と合わせて1,366箇所になる。(「讃岐国大日記」、「高松藩記... 続きを読む

正保3年の干ばつ

正保3年(1646)、干ばつで飢饉が続く。福栄地区西山に、矢延平六が藩命により宮奥池を築造した。 続きを読む

正保2年の干ばつ

image

正保2年(1645)、讃岐国は大干ばつに襲われた。これを機に高松藩は新田開発とため池の築造改修に取り組んだが、平田池もその時に造られたため池の一つであ... 続きを読む