昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年00月00日
市町村
香川県綾川町(綾南町)
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)の年間雨量は698.3ミリ(平年1,200ミリ)で、多度津測候所開設以来、明治27年(1894)に次ぐ大干ばつであった。各所で新しく出水(井戸)を掘り、夜を徹して田畑への冠水が行われた。7月23日には、藤岡長敏県知事が滝宮天満宮で雨乞い祈願を行ったが、雨らしき雨があったのは8月末であった。折角の雨も穂孕み時期を失した稲穂には効果がなく、やっとの思いで収穫した米は平年の3割作であった。
Googleマップ
参考画像
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、826-827頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 井戸掘り 県知事 滝宮天満宮 雨乞い祈願
NO.
香川1540

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)春から雨らしい雨が降らず、田は2割2分5厘の歩植えをして雨を待ったが、7月半ばが来ても一滴の雨もなかった。歩植えの田を寄せ水と池水... 続きを読む

昭和48年の干ばつ

昭和48年(1973)7月4日から8月14日の間、一滴の雨も降らず、7月~8月でわずか6.5ミリの雨量で、干ばつ被害があった。 続きを読む

文化7年の干ばつ

文化7年(1810)3月28日、雨があって、その後5月末まで雨なし、大日照り。(「香川県史」、「蓮井氏記録」等による) 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月9日に93.5ミリの雨があった後、10月5日までの87日間、雨らしい雨がなかった。農作物の被害は、水稲、甘藷、栗、柿、みかん... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から7月12日まで61日間日照りが続き、13日には小雨が降ったものの、その後9月1日まで雨がなかった。県内の水稲作付面積... 続きを読む